「金属アレルギー」でお困りの方へ

研歯科なら気軽にセラミック治療が受けられます!

その1 まず「金属アレルギー」って何?

「金属アレルギー」とは金属に対して体が異常な反応を示すこと。
金属に触れた部分に起こる接触皮膚炎(部位によっては粘膜炎)が代表的です! 

「金属アレルギー」でお困りのかたへ

その2 「金属アレルギー」ってなんで起こるの?

金属が「汗や唾液などの体液」に溶け出し(金属のイオン化現象が発生)、溶け出した成分が体の中に入り込み、タンパク質と結合、身体がこの結合物質をいったん「異物=外敵」と認識すると、免疫を作り身体を守ろうとします。

「金属アレルギー」でお困りのかたへ

この免疫が過剰に間違って働き、皮膚の炎症など、人体に悪い影響を及ぼしてしまった場合に、「金属アレルギー」を起こしたといいます。

その3 みんな「金属アレルギー」になるの?

「金属アレルギー」は体質の問題なので、みなさんがなるわけではありません。しかし、今までは平気だったのが突然、発症する方もいます。

その4 歯の詰め物で使われている金属は大丈夫??

歯科治療の中で、虫歯などで削ったあとに詰めるものや被せ物、また、それ以外でも、入れ歯の留め金が使われています!

その金属が原因となって起こる場合もあります!

また、金属イオンが血流によって、全身に運ばれると、全身性皮膚炎を起こすこともあります!!

その5 「金属アレルギー」なら、口の中の金属も取ったほうがいい?

どの金属に体が反応するかにもよります!
一度、皮膚科などで、どの金属にアレルギーをもつのか、検査「パッチテスト」をお勧めしています!

ちなみに、歯科でよく使われてる主な金属成分は、コバルトスズパラジウムインジウムイリジウムクロムニッケル水銀です。

基本的に、保険治療で使われることが多いです。

検査などで、上記に反応する場合はお医者様と相談し、除去した方がいいかもしれません。

その6 歯の詰め物や被せ物でアレルギーになりにくいものはあるの?

虫歯の範囲が小さければ、保険治療でプラスチックの被せ物などもできます。

しかし、範囲が大きい場合は、セラミック材料や、アレルギー反応が出にくいゴールド系のものなどで、全体的、部分的に被せることをお勧めしています!!

セラミックに関しては何種類かご用意がありますが、研歯科クリニックでは現在、「セレック」をおススメしております!

詳しくは当医院のHPトップをご覧ください。

PageTop