歯の豆知識

歯茎の黒ずみについて

こんにちは。
歯科医師の野崎です。

今日は歯茎について書きたいと思います。

歯茎の黒ずみ、気にされたことはありますか。
歯茎の色が気になって思い切り口を開けて笑えない、という人は案外多いようです。どうして自分の歯茎は黒ずんでいるのか気になっている人も多いでしょう。 肌の色のように変えることができないと諦めている人がいるかもしれません。でも歯茎の色を黒からピンク色に近づける、元の色に戻すには色々と方法がありま す。
そもそも健康な歯茎とは?
・薄いピンク色である
・歯と歯の間の歯茎の形は丸みのないシャープな三角形である
・固く引き締まっている
・スティップリングと呼ばれるオレンジの皮にあるような小さなくぼみが多数見られる
・歯磨きをしたくらいでは出血しない

健康な歯茎は若々しいイメージや清潔感を与えるメリットがあります。
とても歯が白く、芸能人のような歯をしていても歯茎が黒いととても不健康に見られてしまいます。

歯茎の色は生まれつき肌の色が違うように人それぞれという部分もありますが、生活習慣などで変わってくる場合も非常に多いです。

歯茎が黒くなる原因は

メラニン色素沈着
・ 紫外線
日焼けで肌が黒くなるのと同様、歯茎も強い紫外線に長時間さらされると黒ずんできます。
・ 刺激の強い食べ物の継続的摂取
食べ物や飲み物によってお口の中は強い刺激を受けています。とくに味の濃い物や辛味・酸味の強い食品を継続して口にしていると歯茎が黒ずむ原因になります
・喫煙
タバコから放出される一酸化炭素により、歯茎の組織が酸素不足になります。それに加え、ニコチンによって血管が収縮して血行が悪くなります。また、喫煙はビタミンCを破壊し、メラニン色素の生成を抑制する働きが弱くなるためメラニン色素が沈着しやすくなります。
また、自分が喫煙していなくても、親が喫煙者であった場合には歯茎が茶色っぽい暗めの色になる傾向があると言われています。

被せ物や土台の金属片の混入(メタルタトゥー)
歯茎と歯の境目や歯茎のごく一部だけ黒ずんでいる場合は、金属の被せものや差し歯の土台(コア)が原因です。金属イオンが溶け出しているだけの軽度の場合 は被せものを非金属(レジンやセラミック)に替えることで改善することもありますが、治療時に削った金属の粉や破片が歯茎に入り込んでいる場合は歯茎を 切ってそれを除去する必要があります。

歯周病
歯周炎で歯茎の内部でうっ血(血液循環が滞ること)や、炎症による腫れが起こることにより、歯茎の色が暗くなります。

遺伝的要因
生まれつき肌が白い、黒いというのがあるのと同様、歯茎の色にも個人差があります。歯茎の黒ずみをキレイにする治療はいずれも本来の色を取り戻すことを目的としているので、元々の色を変えるのは限界があります。

口呼吸
口呼吸をしていると、前歯の歯茎が常に乾燥し、炎症を起こしやすい状態になって赤く腫れます。

体調不良
体調が悪いと、抵抗力が落ちるために歯茎が炎症を起こしやすくなり赤くなります。
ではどうすれば歯茎がピンクになる?

1.歯磨きをしっかりする
歯磨きを日に2回以上しっかりと行いましょう。その際、歯と歯茎の境目にもブラシがしっかりと当たるように磨きましょう。歯垢をしっかりと取り除くこと により、歯茎の炎症をおこしにくくなり、歯茎にきちんとブラシを当てるマッサージ効果で血行がよくなって歯茎の色が明るくなります。しかし歯ブラシにはコ ツがあり落とせない汚れがあります。それをそのまま放置していると歯周病は知らないうちに進行していくので一度プロに見てもらうことをおすすめします。

2.薬剤による表皮のピーリング(メラニン色素による黒ずみ除去)
タバコや紫外線などのメラニン色素の沈着が原因で黒ずんだ表皮を除去することでその下にある本来の健康的な色を取り戻すことができます。
フェノールという薬剤の作用で治療後1週間~2週間ほどかけて徐々に黒ずんだ歯茎が剥けてキレイになります。その間は一時的に歯茎が白っぽくなりヒリヒリしたような痛みが出ることがありますので刺激の強い食品は避けましょう。

3.レーザー治療(メラニン色素による黒ずみ、被せものの金属による黒ずみ)
レーザーで黒ずんだ表皮を焼いて除去します。焼くと言っても熱さや痛みはほとんどないのがメリットです。一時的に患部が黒く炭化しますが、1週間ほどでキレイになります。
基本的には表皮のメラニン色素の沈着に対して行われる治療法ですが、症例やレーザーの種類によっては金属の溶け出しによる黒ずみ(メタルタトゥー)に対しても有効です。

4.金属の被せものを非金属素材に替える
金属の被せものや差し歯の土台(コア)の金属イオンが溶け出したことで歯茎の一部が黒ずんだ場合は、その素材を非金属(レジンやセラミック)に替えることで改善することがあります。
土台となるコアは金属を使わない物、被せもの(クラウン)も金属を使わないオールセラミックと呼ばれる物を使用すると良いでしょう。当院ではファイバーコア、セレッククラウンを適応することで金属を使わない治療が可能です。

5.歯周病治療
早期に歯医者さんに相談しましょう。歯周病は歯周病菌という細菌による感染症なので、細菌を物理的に除去するSRP(スケーリングルートプレーニング)と いう治療法が一般的ですが、完全に除去することは難しく再発の可能性も高いので、日常の丁寧な歯磨きと合わせて継続的に治療・メンテナンスを行う必要があ ります。

注意点

1.原因をしっかり診断した上で最適な方法を選択しましょう
上述したように、一口に歯茎の黒ずみと言っても原因はいくつかあり、それぞれに適切な対処法が変わってきます。自分で判断するのは難しいかと思われますので、一度歯科医師による診察を受けることをお勧めします。

歯科治療についての悩み2

おはようございます!
横浜市 南区 黄金町にあります研歯科クリニック
歯科医師の関 雄平です。

今日も多くの患者さまが悩まれる歯科治療の悩みについて書きたいと思います。

テーマ「虫歯治療後の痛みについて」

虫歯とってから何か痛みがある!?しみる!?

といったご経験はありませんか?

原因は虫歯を全部削りとった際に削った面が神経と近くなることで様々な刺激が伝わって神経に炎症が起きるためです!

痛みが一時的なものであれば神経を保存しておくことができます。
断続的だったり何日にも及ぶ持続的な痛みの場合は神経を取らないといけないことが多いです。

もし何かお悩みなことがあれば
ぜひ研歯科クリニックへご相談ください!

宜しくお願い致します。

歯科治療においての悩みについて

こんばんわ。横浜市 南区 黄金町にあります研歯科クリニック
歯科医師の関 雄平です。

患者さまが日々歯科治療などで悩んでらっしゃることについて書きたいと思います。

今日は根っこの処置について!
みなさんご経験があるかと思いますが、根っこの処置というと時間かかるとか・・
仮蓋がとれたり・・痛みが出たりと様々な問題があります。

その中でも「根っこの処置後の痛みについて」書きたいと思います。
「痛くなかったのに処置したらなぜか痛い!?」

と疑問に思われたことありませんか?

原因は何個か挙げられます。

①根っこの中をお掃除する器具の刺激によって根っこの先端を覆っている膜(歯根膜)が炎症を起こすため

⇨機械で膜までの深さを測っていますが、おおよその深さしかわからないため刺激してしまうことがあります

②根っこの中のお掃除中に出てくる削りカスが根っこの先端に押し出されて炎症が起きる場合

⇨これはたとえ名人の人が治療しても5〜7%の確率で起こる事と言われています。汚れていればいるほど確率は上がるのかもしれません。

③根っこに入れるお薬の副作用によって起こる場合

⇨細菌をやっつるためのお薬を根っこ中に入れる事が多いのですが、菌をやっつけるほどの強さが必要なため体の組織にも影響を与えてしまう事があります。
その他にもあるかもしれませんが
以上の3つが主な根っこの治療後の痛みの原因です。

もし何かお悩みがありました
研歯科クリニックにご相談ください。
宜しくお願い致します。

金属アレルギー② 

横浜市 黄金町駅近くにある研歯科クリニック
歯科医師の関 雄平です。

今回は前回に引き続き
金属アレルギー対策特集!!

金属アレルギー 「5つの戦略」

【戦略1】虫歯や歯周病を予防してお口の中に金属を入れないようにする

歯科治療では何かしらの人工物を必ず使います。人工物は体にとって異物でしかありません。この異物がアレルギー反応を起こしてしまうのです。
一番の金属アレルギーの対策は虫歯や歯周病を予防しお口の中に金属を入れないようにすることです。

【戦略2】昔治療したアマルガムは水銀が入っているため取り除く

最近ではアマルガム治療をする歯医者はほとんど見られなくなりましたが、昔アマルガムを詰めものとして使っていました。しかし、水銀は溶け出しやすく金属アレルギーの原因になりやすいためお口にまだ残っているようであれば取り除いた方がいい金属です。

※現在、アマルガムが入ってる方でも特に問題が起きていない方もいらっしゃるので絶対に外さなきゃいけないわけではありません。

【戦略3】錆びている金属は取り除く

歯科治療では保険と自費に分かれますが、保険で主に使う金属としては金銀パラジウム合金と銀合金です。これらの金属は合金のために色々な金属が混ざってで きています。そのため4~5年くらい経つと錆びてしまい金属イオンが多く出てしまいます。また、歯や歯茎に溶け出して黒くなってきます。
【戦略4】金属を使った治療はしないようにする

お口の中では水分があったり、食事後に生理的に酸性条件になることで金属が金属イオンとして体に溶け出します。そのため金属アレルギーの原因となりやすいのです。ただし、金属の中でも金やチタンなど金属アレルギーの原因になりにくい金属もあります。

【戦略5】体力低下させない

疲れていたり、寝不足の時など体の免疫力が下がると普段なら気にならない程度のアレルギー反応も強く出てしまうことがあります。出来るだけ体力が落ちないように普段から健康的な生活を心がけるようにします。

☆金属を使わない歯科治療

・コンポジットレジン

保険診療でできるプラスチックの白い詰め物です。前歯の歯と歯の間や奥歯の小さい虫歯治療に使うことができます。以前は小さな虫歯でも金属を使って治療していましたが、コンポジットレジンの進化によりできるだけ金属を使わずに治療が出来るようになりました。

※虫歯の大きさによって保険適応のコンポジットレジンでは治せない場合がございます。その場合は金属やセラミックで被せる治療をさせて頂きます。

・硬質レジンジャケット冠

前歯や小臼歯に保険診療で出来る白いプラスチック製の被せ物です。金属を使わずに治療ができますが強度が弱く変色しやすいため歯ぎしりが強い人や見た目が気になる方は注意が必要です。

※保険適応の白い被せ物ですが、下線部の通りあまりお勧めはできません。

・レジンコア(プラスチックの土台)

保険適応でできる白い土台です。歯の神経が無くなると割れないように土台で補強する必要があります。残っている歯が少ないと出来ない場合もあります。

・ファイバーコア

レジンコアにグラスファイバーの芯を加えた土台です。強度が増し、歯が割れにくくなります。保険適応でもできるようになりましたが、当医院では保険では扱っておりません。

・オールセラミック

金属を使わずにセラミックだけで治療する方法です。詰め物、被せもの、ブリッジなど現在はセラミック治療の開発が進みほとんどの治療がセラミックで行うことが出来るようになりました。保険外治療です。

・ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯のフックに使う金属を使わない入れ歯です。見た目にもきれいで入れ歯が入ってる様には見えません。保険外治療です。

もし「金属アレルギー」で今入ってる金属をセラミックにしたい!!
けど・・セラミックは高いから中々手が出しにくないなど・・
何かお困りなことがあれば是非ご相談ください!

歯周病と動脈硬化!!

こんにちは。
歯科医師の野崎です。

今日は歯周病と動脈硬化!!

動脈硬化とは動脈の内側で血液中の脂肪や白血球などがかゆ状にくっついて溜まり、血管が硬く狭くなることです。溜まったものが壊れると血栓を作り、血管を完全に塞いでしまうことがあります。これが◯◯梗塞です。心筋梗塞、脳梗塞がこれにあたります。脳卒中はがんに次ぐ日本人の死因第2位です。

歯周病と動脈硬化の両方にかかっている人はとても多いです。
動物実験では歯周病菌が動脈硬化を起こす仕組みはわかっていますが、人間の体の中でも同じように起きるのかまでははっきりとはわかっていないのが現状です。

歯周病にかかっている人は歯ブラシで出血を起こします。
出血を起こすと歯茎の周りにいる歯周病菌が血中に侵入します。
菌血症と言われる状態です。
血中に菌がいっぱいいるのでそれを退治しようと炎症性物質が血中に放出されます。
炎症性物質が多くなると血管が硬くなり、動脈硬化が起こりやすくなります。

2012年にアメリカ心臓病学会が発表した内容では、歯周病と動脈硬化に確実な因果関係があるとは明確には言っていません。歯周病を治すことで動脈硬化が改善するのかは、今様々な研究者が研究を重ねている最中です。
しかしだからといって全く関係のない話ではありません。
歯周病は確実に全身に影響を及ぼします。
なるべくより健康な状態を維持するために、ご心配な方は歯医者に行くことをお勧めします。

歯周病と腎臓病!!

こんにちは。
歯科医師の野崎です。

今日の話は「歯周病と腎疾患」!!

腎臓の役割は、血液が運んできた体内の老廃物をろ過し、尿として体外へ出すことです。
腎臓の機能低下が慢性的に続く状態を慢性腎臓病といいます。
慢性腎臓病が進行し腎不全になると老廃物を除去できなくなり、最終的には透析や移植が必要になってしまいます。

歯周病が慢性腎臓病の原因の一部かもしれない!!

慢性腎臓病を引き起こす代表的な原因は糖尿病加齢喫煙で、他に高血圧糸球体腎炎自己免疫疾患なども挙げられますが、原因がよくわからないことも多いのです。
しかし、以前は原因不明とされたもののうち、一部は歯周病が関係しているかもしれないと言われるようになりました。

歯周病が治ると慢性腎臓病も少し改善する!?

歯周病の方は血中に炎症物質が増加しています。
つまり全身が軽い炎症状態になっていて、歯周病が改善しない限り長時間続いてしまいます。
その状態が腎臓にも悪い影響を及ぼすかもしれないと考えられるようになりました。
慢性腎臓病と歯周病の両方にかかっている患者さんに歯周病を治したらどうなるか調べた研究では、歯周病が治った場合に慢性腎臓病も少し改善するという結果でした。

口と体は繋がっています。
歯医者だって少しは役に立つのです。
ぜひ定期検診をお勧めします!!

歯周病と骨粗鬆症!!

こんにちは。
歯科医師の野崎です。

最近インフルエンザ流行のニュースをよく耳にします。
日頃の体調管理には特に注意してください。

今日は「骨粗鬆症と歯周病」

骨粗鬆症とは骨がスカスカになり強度が下がり、軽い衝撃でも骨折を起こしやすくなる病気です。
主な原因は加齢で、女性ホルモンの影響を受けるため高齢の女性に多い疾患です。
致命的な疾患ではありませんが、結果的に要介護状態になる方も少なくないため注意が必要です。

歯周病にかかると歯周病菌が歯茎に炎症を起こし、歯を支えてる骨(歯槽骨)を溶かしてしまいます。
「歯槽骨の吸収」です。

体の骨と歯槽骨の関係を調べた研究の大部分では、体の骨密度と歯槽骨の吸収の程度には関係があるという結果でした。
例えば、骨粗鬆症の方々と正常な骨密度の方々を3年間観察したところ、骨粗鬆症の方々のほうが歯槽骨の吸収が多かったとの報告があります。

口の中に歯周病菌がいるかどうかは、歯周病が進むかどうかの強力な要因ですが、その要因や年齢が同じくらいの人どうしでくらべると、体の骨密度が低いと歯槽骨の吸収が進みやすいと言えそうです。

糖尿病の方は歯周病になりやすい!!!

こんにちは。
歯科医師の野崎です。

最近一段と冷え込んでいますが体調は崩されてはいないですか。

今日の話は「糖尿病の方は歯周病になりやすい」です。

糖尿病の方は歯周病にかかりやすいことがわかっています。
糖尿病の方が重度の歯周病にかかっている場合に、糖尿病の検査値がなかなか下がらない傾向にあることもわかっています。
ですが、歯周病を治療すると糖尿病の検査結果が良くなるということについては、今の時点でまだ結論が出ていません。

そもそも糖尿病とは

血中の糖を細胞内に取り込むインスリンの作用が弱まり、高血糖状態が続く病気です。

症状としては唾液量が減ったり血液の流れが悪くなったり、免疫力が弱くなったりします。放っておくと様々な臓器に合併症を引き起こします。

糖尿病になるとインスリンが効きにくくなり、高血糖状態が続きます。すると体中のタンパク質が糖とくっつき、それを白血球が敵と間違えて攻撃するので、歯周病も含め全身に炎症が起きやすくなります。

また、白血球の機能も下がり免疫力が低下するため、歯周組織を構成する細胞にも機能異常が起こります。

そして、歯周病巣内でマクロファージが歯周病菌を食べると炎症性部質を産生します。この炎症性物質や歯周病菌のもつ毒素がインスリンの働きを阻害すると考えられています。

糖尿病の方が歯周病に罹患しやすく、悪化しやすく、治癒しにくいのはこうした仕組みのためです。

お口の病気は全身に影響します。
ぜひ一度検診を受けてみるのはいかがでしょうか。

定期検診のすすめ

こんにちは。
歯科医師の野崎です。

2016年も早くも1週間が過ぎました。
今年も明確な目的目標に向かって一日一日を完結していけるよう努めていきます。

今回の話は「歯周病」

TVCMでも最近よく目にするようになってきたこの言葉。
簡単に言うと口の中に汚れが溜まったままになり、歯を支えている骨が溶けていく病気
問題なのは自覚症状が現れる頃にはかなり症状は進行してしまっているということ。

歯を失う主な原因はご存知でしょうか。

歯周病  41.8%
虫歯   32.4%
破折   11.4%
矯正    1.2%
その他  12.6%

歯周病と虫歯はどちらも歯垢が原因の感染症。
となると7~8割の抜歯の原因が、歯垢の取り残しということになります。

自分はまだまだ若いし元気だし何も問題ない。

果たしてそうでしょうか。

歯周病はすでに、15~24歳で20%中高年で50%の方がかかっています。
65歳以降になると歯周病によって歯を失う割合が高くなってきます。

なので今自覚症状のないうちに定期検診を受け、ご自身のブラッシングでは落としきれない部分の汚れをプロの手で落とすことは、10年後、20年後の自分の歯の数を左右し、食生活や幸福感に大いに影響してきます。

また、経年的な変化を観察する上でも早いうちにかかりつけ医を見つけておくことは、重要なことと言えます。

「金属アレルギー」①

研歯科クリニック 歯科医師の関 雄平です!

みなさん!!「金属アレルギー」をしってますか??
実際「金属アレルギー」でお困りの方はいらしゃいませんか??

アクセサリーなどでも接触した皮膚に赤く発疹がでたりしますよね??

口の中にもそのような現象はおきます!

口の中で起きる「金属アレルギー」の主な原因は歯科用の金属!
保険治療で使われている金属などが多いです。

治療法はそのステロイド軟膏を塗ることや
一番は金属を除去し、別種の金属(ゴールド系)またはセラミックに置き換えることです。

しかし、この2つは保険がきかない自費治療のため価格が高め・・・

しかし!?!?

研歯科クリニックではそんな患者様のためにセレックがあります!!

セレックは最新のシステムでセラミックブロックを患者様の削った歯にあわせて被せものを機械で作ります。

ホームペー上でもの紹介しているとおり体に優しく、
リーズナブルな価格でご提供せさて頂いてます!

もしご興味がある方はぜひ一度
研歯科クリニックへご相談ください!!

1 / 3123

PageTop