院内感染予防の取り組み

歯科に限らず、医療現場では様々なウイルスの感染対策が欠かせません。
特に、当院のモットーは、「家族にも受けさせたい歯科治療の提供」です。

それを実現するためには、治療技術だけでなく安心して治療を受けることができる衛生面での環境づくりも欠かせない部分です。

またウイルスだけでなく、歯科医院ではお口の中を触るため、衛生面はとても気になりますよね。

例えば、他の患者さまのお口の中を触った手袋のまま、自分の口を触られたらいかがでしょうか?

当院では、患者さまが安心して治療を受けられる環境を提供するために、世界レベルの滅菌設備の導入など、国の法律で定められた基準をはるかに超えた院内感染予防対策を行っています。

世界最高水準!クラスBの滅菌器「LISA」導入

世界最高水準の滅菌器「LISA」を導入しました。

日本の歯科医院ではほとんど導入されていない最新・高性能(クラスB)の滅菌器です。

あの狂牛病の原因となる「プリオン」というウイルスは、クラスBの滅菌機でしか死滅させることができません。

従来の滅菌機に比べて、導入コストや維持費、そして手間も非常にかかるのですが、患者様の安全を守るためのベストな選択肢であると考え、導入いたしました。

手袋は患者様ごとに交換しています。

「他の人の口を触った後、手袋を変えているの?」

これは、多くの患者様が気にされるところですよね。

もちろん当院では、全ての患者さまごとに必ず手袋を交換しています。

毎日多くの手袋を消費し、費用も手間もかかりますが、衛生面を考えると絶対にこだわり続けるべきポイントです。

ガス滅菌器で殺菌・消毒

他の器具で熱処理のできない布、プラスチック、ゴム、木、サビやすいものなどを痛めることなく殺菌します。

こちらの機器もまだまだ歯科業界では導入している医院は少ないようです。

当院では、患者様のお口に入るものは全て殺菌消毒しております。

全ての器具を個別に滅菌しています

治療に使用する器具は、個別にパックして滅菌を行なっております。

パックにすることで、準備段階で汚れてしまったりすることがなく、無菌状態のまま治療に使用できるので安心です。

治療を始める前に、患者様の目の前で開封いたします。

落ちにくい汚れには超音波洗浄機

器具には「目に見えない汚れ」も沢山付着しています。消毒・滅菌処置を行なう前にこれらの汚れを完全に除去しなければなりません。

汚れが完全に落とせていないと、滅菌・消毒をしても完全でない場合があり、『二次感染』の恐れがあるためです。



目に見えない汚れまで落とすため、超音波洗浄機を使用した上で、滅菌・消毒をしており、どんな汚れにも対応出来るようにしています。

使い回しをしないための、ディズポーザブル製品

手袋だけでなく、エプロン、ヘッドカバー、コップなどを、環境に優しい使い捨て製品(ディスポーザブル製品)を適切な衛生管理の元、使用しています。

もちろん、患者さまごとの使い回しはありません。患者様目線に立ち考え、できるだけ不快感なく治療をお受け頂けるようにしています。

もちろん、院内全ての清掃も徹底しています

待合室からトイレ、診療室まで毎日徹底的に清掃を行なうことで、清潔な環境を保っています。

ご来院頂いてから、お帰りいただくまで快適に過ごしていただきたいと思っています。

今後も、設備への投資や、労力を惜しまず皆さんにとって安心・安全な環境の実現に努めます!

PageTop