スタッフブログ

それって何ですか?~第6回 シェードガイド

s06.jpg

今回はシェードガイドのご紹介です。
歯の色の見本です
よく前歯の治療などする際に使用しているのを目にすると思います。

こんなにたくさんの色から選ぶんだぁと思われるかも知れませんが、

ほとんどの場合好みの色を選ぶというよりは周りの歯の色に合わせて選ぶことが多いですね

ご自分の歯の色をもう少し白くしたいなど
全体的に色を白くする場合にはホワイトニングの相談などもしてみてくださいね
できる限りきれいな歯で美しい笑顔をつくりたいものですね

それって何ですか?~第5回 即時重合レジン

s05.jpg

今回は即時重合レジンをご紹介します。
これまた皆さんよく見たことはあると思います
主に仮歯を製作するときに使用します。

歯の被せものをする前に土台の部分を削りますよね

削ったあとは歯がしみないように、見た目が悪くないようになどの目的で仮歯をお作りします。

その場で作る場合は多少お時間がかかりますが許してくださいね

あとは入れ歯の修理にも使用していますね

それって何ですか?~第4回 電動注射器

s04.jpg

今回は電動の注射器をご紹介します。
一見注射器には見えませんね
昔のイメージですとキラッとひかる金属の注射器は見た目も怖いですよね
最近はこのような形の注射器ですのでお子様にも恐怖感をあたえずにすみますね。

しかも電動で、一定速度で麻酔を注入するため痛くないといわれています。

注入速度も調節できるんですよ

当院ではこれに加えて注射針も歯科の一般的なものよりも細い針を使用しているため
さらに
刺入時の痛みを軽減できると思います

ですから「麻酔します」と言われても安心してくださいね

それって何ですか?~第3回 口腔外バキューム

s03.jpg

これは皆様が座るユニットの横にある細長くそびえ立っています

ご存じかと思いますがすごい音がしますよね

主に入れ歯の調整や被せものなどの調整のときに使用します。
削りかすが舞って院内の空気が汚れないように一生懸命吸ってくれています

掃除機のように・・この口腔外バキュームがあるおかげでいつも院内はクリーンです

ですので診療中などに聞こえるこの音は少し耳障りですがお許しください

それって何ですか?~第2回 表面麻酔

s02.jpg

ご無沙汰しております。

今回は表面麻酔です
虫歯の治療などで「麻酔しますよー」なんて言われると多くの人はドキドキするのではないでしょうか

その理由は麻酔は痛いから、というのが第一だと思います。

それはそうですよね、、歯肉に針を刺すのですから・・・

ですから当院では少しでも痛みがないように麻酔の注射の前に表面麻酔を使用しています。

これを歯茎に塗るだけで刺入時の痛みが和らぎますよ
しかもバナナのいい香りつき
香りはいいけど舐めると苦いですね

それって何ですか?~第1回 スケーラーチップ

s01.jpg

スケーラーチップをご紹介します。

これもまた皆さん経験あるかと思いますが、
まじまじと見たことはないのでは
歯石を除去するためにつかいます。

超音波の振動で歯石をくだいていきますよ

歯石を除去するとスッキリしますよね
どうしても音が耳に残るので、嫌だなぁと感じる方もいると思います。

音がなければかなり快適なのですが・・

虫歯の治療が終わった方も定期的に歯石は除去しましょうね

あっ、あと根の治療中のセメントを除去するときにも使用してますね

お花のブログ~マッスのカーネーション

f05.jpg

カーネーションは母の日の花のイメージが強いですが、集めて束ねてみるとまた違った印象になります。

このように空間にまとまりを作ることを、マッスと言います。

花いけの1つの手法です。

ワックスフラワーと呼ばれるつるつるしたピンクの小花と一緒に飾りました。研クリにいらっしゃる皆さまに、花の様々な姿をお見せすることが出来ればHAPPYです。

花材:カーネーション、ワックスフラワー、ルスカス

院内研修

04.jpg

先日 JALアカデミーの先生にマナーの基本を教えていただきました。

わたくしたちの至らない点をズバズバと指摘していただき、今までの習慣を変え、基準を上げるいい機会になりました。

皆様が快適に当院でお過ごしいただけるよう、今後も学んでいきたいと思います。

お花のブログ~プリザーブドフラワー

f04.jpg

プリザーブドフラワーを使用して作成しました。

夏は気温が高いうえ、水に菌が発生しやすくなるため、花の持ちが悪くなります。
プリザーブドフラワーは半永久的ですから、こんなときに助かります。

今ではよく見かけるようになりましたので、判別できると思いますが、
始めてみた人はこんな生花もあるのかといつも驚かれます。

プリザーブドは、素材を脱水、脱色してから、色水を吸水させ、乾燥させてつくられます。

素材:バラ、麦、あじさい(すべてプリザーブドフラワー)、ハラン(アートフラワー

お花のブログ~アーティチョーク

f03.jpg

夏の花といえば、ひまわり、朝顔といったところでしょうか。
珍しいものないかなと花屋さんと相談していたら、ありました。

この存在感!

そして自ら光を発しているのかと思うような蛍光紫色の先っぽの花。
アーティチョークです。

菊科で和名は朝鮮アザミ。

ハワイやオーストラリアのレストランでサラダに入っていることもあったりします。
フランス料理でも使われているので、美味なんでしょうね。

食べられるのは外側の皮をたくさんむいて、内側の白い部分だけですが、
かなり筋っぽい、、、。
まだ美味しいと思ったことはありません。

これを食べようと思った人はすごいなと思います。

花材 : アーティチョーク、ルリタマアザミ、小菊、モンステラ

PageTop