スタッフブログ

研歯科・花火大会☆彡

こんにちは!

研歯科クリニック歯科衛生士の鈴木です(^^)/
梅雨も明け、蒸し暑い日々が続いていますが、みなさん体調は大丈夫ですか?
私は通勤するだけでバテています(^▽^;)
そんな中、研歯科のみんなで花火大会に行ってきました。
船の上からの鑑賞だったのですが、とても綺麗で感動しました!
しかし・・・私は酔い止めを飲んだのにもかかわらず、船酔いしてしまい途中からは花火どころではなくなってしまいました・・・(;´д`)トホホ
それでもスタッフみんなで見る花火はとても楽しく、夏のいい思い出になりました☆彡
みなさんの夏の思い出もぜひお聞かせください!
スタッフ一同、心よりお待ちしております。
hanabi 2.jpg

食中毒を予防しよう‼

こんにちは!歯科衛生士の松田です:)

最近は雨が多く、じめじめしていますね

早く梅雨が明けてほしいです☀

梅雨から夏にかけては食中毒が発生しやすい時期です

食中毒とは細菌が付着した食品を食べると下痢や嘔吐、腹痛、発熱などがおこります

私は先日食中毒にかかり、つらい思いをしました

なので、みなさんには歯科から考える食中毒予防をお伝えしたいと思います(*^-^*)

★しっかり咬んで(咀嚼)食中毒予防★

食物は口→食堂→胃

胃には胃液というものがあります。

消化の役目はもちろん、細菌やウイルスを殺菌する働きがあります!

咀嚼回数が多いと、胃液に触れる面積が多くなります。

そのため細菌が腸に運ばれにくくなります

たくさん咬んで胃液の殺菌効果を最大限に引き出しましょう(^^)

★流し込み食べを控え食中毒予防★

流し込み食べとは、食事中に水分を摂り水の力で嚥下をすることです。

水の力を借りると咀嚼回数が少なくても飲み込めるため、胃液も薄まり殺菌力が弱まります。

そして消化能力も弱まります。

咀嚼の力で飲み込んで、殺菌力と消化能力をあげましょう(^^)

☆七夕☆イベントご参加ありがとうございました\(^o^)/

皆さんこんにちは!

スマイルクリエーターの沼川です!皆さんお元気ですか(^^)?
先日、研クリでは★七夕イベント★として、子供たちに短冊を書いてもらい
手作りの笹飾りに飾りました☆彡
もちろん!私達スタッフも短冊書きましたよっ♪
今年も子供たちの無邪気で可愛い短冊が待合室のボードに飾られています*
皆さんは、今年の七夕 どんな事をお願いしましたか?
IMG_0030.JPG
もう少しで梅雨明け?夏本番まであと少し(>_<)
暑い日がまだまだ続きますが、お体に気をつけて素敵な夏を過ごしましょう!!

 

知覚過敏!

こんにちは!

歯科衛生士の神保です。

先日、衛生士の松田さんと一緒に知覚過敏処置のセミナーに参加してきました!

 

知覚過敏(歯がしみてしまうこと)で悩まれている方は多いのではないのでしょうか?

なぜ歯がしみてしまうのか?原因はたくさんあります!

 

◆虫歯になっている

◆虫歯を治療した時に神経の近くまで削っているため

◆はぎしり、食いしばり、強いブラッシング圧による摩耗

◆歯周病によって歯ぐきが下がり、根っこがみえているため

◆ホワイトニングによる刺激

などなど・・・

 

原因はさまざまですが、それぞれ虫歯や歯周病にならないように

歯医者さんで定期的に予防をしていくことが大切です(´▽`*)

 

ですが、もう既にしみてしまっている歯に対しての処置も行うことができます。

今回参加したセミナーでは、しみる場所に塗るしみ止めのお薬の勉強、体験をしてきました。

知覚過敏のある歯に対して、お薬をよく塗り込むことで

歯にできた亀裂に結晶が少しずつできてしみにくくしてくれます!

特に、歯ぎしりなどですり減ってしまった歯や、ホワイトニングをしてしみるようになってしまった歯に効果的です✩

一度塗れば効果がずっと続くというものではなく、日々の生活習慣でまたしみるようになってきてしまう場合は、それを繰り返し塗っていきます。

 

ご自宅でできるケアとしては、歯ぎしり、食いしばり防止にマウスピースをつけたり、

知覚過敏用の歯磨き粉で優しく歯磨きをするのがオススメです!

フッ素ジェルを使用して歯を強くしていくのも良いですね(^-^)

 

しかし、効果は歯の状態によって個人差があります。

場合によっては、お薬が効かず神経を取らなくては解決しない場合もあるのです(><)

お悩みの方は一度拝見させていただければと思います!

知覚過敏についてご相談がありましたらいつでもお待ちしております(^^)/♪

医院見学(‘ω’)ノ

こんにちは!

歯科衛生士の加納です。
最近は5月とは思えないような暑い日が続きますね!
みなさんお元気でしょうか(^^)?
研歯科クリニックでは、毎年講習会へ参加しています。
先日、その講習会の仲間の歯科医院の方々が、当院へ医院見学にお越しくださいました!
IMG_0002.JPG
他の医院の方々とのお話は、学びが多く、とても良い充実した時間を過ごさせて頂きました。
皆さま、意識が高く、素晴らしい方々で、私達も刺激を受けました。
この良い機会に学ばせて頂いた事を、当院へ取り入れて、より良い医院を目指していきます☆””
見学日にご来院下さった患者さま、ご協力ありがとうございました。
見学にお越し下さった医院の先生、スタッフの皆さま、ありがとうございました!
IMG_0008.JPG
IMG_0009.JPG
寄せ書きのプレゼントや素敵なアレンジメントフラワー❁”
1464092509910 (1).jpg
感動しました(´艸`*)
心のこもった贈り物をありがとうございました❣
また、皆さまにお会いできる日を楽しみにしております!!

水素水(*´▽`*)

こんにちは!

歯科衛生士の鈴木です(^^)/
研歯科では先月から、ウォーターサーバーに水素水をプラスしました!
少し前から流行っている水素水。
そもそも水素水とは?
何が良くてそんなに流行っているのでしょう?
<水素水>
・水素分子(H₂)が豊富に入った水のこと
・「悪玉活性酸素」を身体から取り除いてくれる
(「悪玉活性酸素」とは老化や病気の原因の1つといわれている)
・H₂はとても小さいので、身体の隅々までいきわたって活躍する。
(ビタミンCなどが入れない脳にも到達し、抗酸化作用を発揮する)
・多くの研究で水素分子(H₂)の効果が確認されており、老化防止や病気の進行抑制に役立つことが示唆されている
・シミ、シワ、くすみなど、肌トラブル解消に!
と、このような効果が水素水にはあるそうです

す.JPG

みなさん研歯科に来院の際は、ぜひ水素水を試して下さいね( *´艸`)

 

マウスウォッシュでスッキリ(^◇^)

こんにちは☆
歯科衛生士の松田です☆
今日からゴールデンウィークですね
皆さん、どこかへ旅行に行っていますか?
私は北海道へ行ってきます☺
旅行中はハミガキしたいときに磨けなかったり、お口の中がスッキリしない時がありますよね。
そんな時は
携帯用マウスウォッシュ(洗口剤)
IMG_9756.JPG
使い捨てなので旅行に最適です‼
ご使用方法は
封を切り、適量を口に含み20秒ほどすすいでから吐き出します。
 
口臭予防にもなります(^◇^)
ブルーのさわやかなミントの香り
やわらかなスイートミント
の味があり、1つ108円で販売しておりますのでぜひ試してみてください♪
当院は5/1~5/5まで休診です。
楽しいGWをお過ごしください☆

Concool!!

みなさんこんにちは!

歯科衛生士の神保です。

最近また寒くなってきて、体調くずしていませんか?(><)

手洗い、うがいをしっかりして、予防をしましょう♪

そこでオススメなのが、コンクールFという薬用のマウスウォッシュです!

concool.jpg

殺菌作用がとても強いので、風邪の予防はもちろん、歯周病の予防・むし歯の発生や進行の予防、

口臭の防止にとても効果的です!

コンクールFには、グルコン酸クロルヘキシジン(CHG)という殺菌成分が配合されています。

◆グルコン酸クロルヘキシジン(CHG)の有効性◆

CHGの利点は、お口の中に留まりやすいところです。

歯面や粘膜、唾液に結合し、最大12時間まで唾液中の細菌が増えるのを抑えることがわかっています!

更に、プラークにも付着して、持続的に殺菌効果を与えます。

コンクールFを使うことによって、とても高い予防効果が得られます♪

水で希釈してうがいをするだけなので、とっても簡単です(^^)

当院に通っていただいている患者様にも愛用している方が多くいらっしゃいます!

コンクールFで、風邪も歯周病も予防していきましょう☆彡

お家で出来るトレーニング☆彡

こんにちは!

衛生士の加納です☺

まだまだ寒い日が続きますが、花粉が飛び始めたようです (;_;)・゜・。

春が近づいてきていますね~

さて、今回は前回に引き続き歯並びについてのお話です!

歯は骨と筋肉(頬や舌)で囲まれています。

その筋肉がバランスよく正しく機能していることが、良い歯並びには必要となります。

その正しい機能を得るための、トレーニングを少しご紹介します(^^)

「お口の体操」

口の周りの筋肉や舌の筋肉を働きかせるトレーニングです。

①頬の筋肉の体操

   頬を5~10回、力強くふくらませてから吸引します。

1.jpg

②舌の筋肉の体操

舌を出して左右の口の端、上唇をなめて舌をめいっぱい出します。その後、舌を上顎に5秒間押しつけ、この動作を5回繰り返します。

3.jpg

③口の周りの筋肉の体操

口をしっかり閉じてから、ゆっくり「バ・ビ・ブ・ベ・ボ」と力強く5~10回繰り返します。

これらを1日5~10行います(^^)d

食事前に行うのが効果的です。

こうしたトレーニングをすることで、口の周りの筋肉や舌の筋肉を正しく働くようになります!

その働きで、キレイな歯並びを作り出しましょう☆彡*”‘

道具を使わずにお家で簡単にできるトレーニングですので、ぜひお試しください(^^)

調整6回目 

2016.2.14 調整6回目、ブラケットがついて半年経ちました。

ついに、下にもブラケットがつきました!

20160216_141540.jpg

上のアーチを広げたので前歯が下と当たらなくなっていました。
今度は下も広げていくそうです。
元々歯は、少し内側に傾いているのでそれを起こしてアーチを広げるそうです。
アゴが出る訳ではないんですね~良かった~

上は345辺りをディスキングしました。
まだまだ八重歯が入れそうなスペースは確保できていないので。
来月は前歯も少しスリムにしていくそうです。

調整後は久しぶりに痛いです

PageTop