スタッフブログ

CAMBRAリスク評価に元づくう蝕管理セミナー

こんにちは!歯科衛生士の鈴木です(^^)/
先月、ハロウィン当日の診療後にスタッフみんなで仮装しました!(笑)
ハロウィンイベントに協力してくれた子供達!ありがとうございました~(^^♪
image4-thumb-300x225-352
そして昨日、歯科衛生士の加納さんとセミナーに参加してきました!
千葉県新浦安にある明海大学で行われた
<CAMBRAリスク評価に元づくう蝕管理>というセミナーです。
口の中の状態や生活習慣から、虫歯になりやすいタイプを4つにわけます。
それを元にその方に合ったホームケアや定期健診の期間を提案し、少しでも虫歯の再発を防いでいく!という方法でした。
今回学んだことを忘れないうちに復習し、早く医院で活用できるようにしていきたいです(‘◇’)ゞ
image1-thumb-300x224-170
ちなみに・・・
セミナー会場が東京ディズニーランドに近かったので、セミナー終了後にいってきました♡
パーク内はクリスマスムードになっていてとっても可愛かったです!
癒されました~(´艸`*)(笑)
image3-thumb-300x225-355 image2

研クリのマスコットキャラクター ネーミング募集開始★

こんにちは!スマイルクリエーター 沼川です(^-^)/

寒くなってきましたが、皆さん風邪などひいていませんか?
さてさて、この度研クリのマスコットキャラクターを作ることになりました☆
なんと!サメです★
そこで皆様に可愛い素敵なネーミングを付けていただきたく、只今サメちゃんの名前を
大募集中ですっ♪
 
*募集期間はH28.12/27まで
 
見事!採用されますと、
大人の方は【お肉券5000円分!】お子様は【トイザらスおもちゃ券5000円分!】プレゼント★
ぜひ、皆様ご参加くださ~い♪

健康な身体でいるために☺

おはようございます
歯科衛生士の松田です

先日屋久島に行き、トレッキングをしてきました!
もののけ姫のモデルになったところです
img_02181-thumb-300x225-348

DCIM100GOPROGOPR1075.

img_02151-thumb-300x224-350
6時間以上も登り疲れましたがとても楽しかったです!
60代の方とすれ違うことも多く驚きました!
皆さま最近運動はしていますか(^^)?
筋肉は使っていないと衰えていく一方です。
運動のメリットは
①骨が丈夫になる
 骨密度は筋肉量に比例するといわれ、骨粗鬆症やロコモティブシンドロームの予防につながる
②関節が動きやすくなる
 不安定な骨格を立たせたり、関節を安定化させる
③疲れにくくなる
 筋肉量を増やすことで、酸素や栄養が器官にすばやく運ばれるようになり疲れにくくなる
④循環器系疾患の予防
 運動をすると善玉コレステロールが増え、悪玉コレステロールが減るため、血管の詰まりや固まりによって生じる動脈硬化や心筋梗塞を予防する
⑤アンチエイジング効果
 ダイエットはもちろん、成長ホルモンが分泌されてアンチエイジング効果ダイエットも期待できます。他にも免疫力アップや認知症予防、肩こり、腰痛の緩和、ストレス発散効果の効果があります。
お口の健康だけでなく身体全身の健康を保てると良いですね(^^♪

ハロウィン★

こんにちは!

歯科衛生士の萩原です!

暑い夏もおわり、過ごしやすい季節がやってきましたね!
研歯科クリニックでは、待合室がハロウィン仕様になりました♪
img_4563-thumb-250x187-333 img_4564-thumb-250x187-336
今年もお子様には可愛い仮装をしてもらい、写真を撮って、飾りたいと思います(^^)
待合室が写真でいっぱいに、賑やかになるのがとても楽しみです!!
仮装グッズはかぼちゃの帽子やカチューシャ、猫、ウサギ、キャンデーなど
たくさんあるので、好きなものを選んでね☆
img_4565-thumb-250x187-338

ウルトラフロス☆

こんにちは、歯科衛生士の神保です!

最近雨や台風で天候があまり良くない日が続いていますね・・・

外に出られる際は雨や風にお気をつけてくださいね(>_<)

 

今日は、歯のお掃除の時に便利なデンタルグッズを紹介いたします!

 

皆さん、歯磨きの時にフロス(自分で好きな長さに切って使う糸)や糸ようじを使っていますか?

実は、歯ブラシだけだとお口の汚れは約60%しか除去できていないのです。

そこで、習慣にしておきたいのが「デンタルフロス」や「糸ようじ」などの歯と歯の間の汚れを取ってくれる補助清掃用具です!

 

歯と歯の間の汚れを取ることで虫歯予防、歯周病予防、口臭予防などをすることができます。

ですが、

「デンタルフロスは使うのが難しい・・・」

「普通の糸ようじだと奥歯には使いにくいなあ・・・」

という方もいらっしゃるかと思います!

 

そこで、おすすめしたいのが奥歯にも使いやすいような形状をしている

『ウルトラフロス』です!

img_0019-thumb-350x262-327

従来の糸ようじはこのような「D」の形をしており、前歯にはとても使いやすい形をしています。

img_0022-thumb-300x225-323

ウルトラフロスは、奥歯にも簡単に届くように「Y」の形をしているので、このようにまっすぐお口の中に入れるだけで簡単に奥歯の隙間の汚れを取ることができます!

img_0021-thumb-300x225-325

更に「テクミロン」という超高分子量ポリエチレンから作られた糸を使用しているので、

切れにくく耐久性があり、洗浄して繰り返し使用することができます(^^)

 

フロスが苦手な患者様から使いやすいとのお声をたくさんいただいているので、とてもオススメです!

 

当院でも販売しているので、気になる方やご不明な点があればお気軽にお尋ねください(^o^)♫

バクテリアセラピー

こんにちは!
歯科衛生士の加納です^ ^

今日は野崎先生と衛生士の鈴木さんと3人で

「バクテリアセラピー」というセミナーに参加してきました!
IMG_0547.JPG
「バクテリアセラピー」とは、
スウェーデンの医療機関が開発した、お口の中の菌のバランスを管理することでお口だけでなく全身疾患の予防につなげていく新しい予防医学のことです。
ラクトバチラス・ロイテルという、プロバイオティクス(身体にとって有益な細菌)を取り入れたタブレットを摂取することで、身体の中の悪玉菌を減らし、善玉菌を優位にしていく細菌療法です。
IMG_0668.JPG
私たちの身体は500種、500兆もの常在菌と共存しており、
お口の中にもたくさんの常在菌がいますので、それと上手く付き合っていくことで、お口の環境を改善していこうというものです。
IMG_0571.JPG
このロイテリ菌は、ヒトの母乳からつくられているため、安全!!
その為、妊婦さんや赤ちゃん、体の不調に悩む様々な方々に使用していただけるのです(^^)
タブレットやガム、直接舐める液体タイプなど、活用のタイプや効果もさまざまです。
歯周病治療では、細菌のコントロールにより、炎症・口臭の改善、治療の効果がさらに上がることも期待できます!
お口の環境改善から、全身の健康へ みなさまが健康で幸せに過ごすサポートのひとつになればと思います。
今後、みなさまにご提供できますよう、
準備を進めてまいりますので、お楽しみに☆””
IMG_0662.JPG

研歯科・花火大会☆彡

こんにちは!

研歯科クリニック歯科衛生士の鈴木です(^^)/
梅雨も明け、蒸し暑い日々が続いていますが、みなさん体調は大丈夫ですか?
私は通勤するだけでバテています(^▽^;)
そんな中、研歯科のみんなで花火大会に行ってきました。
船の上からの鑑賞だったのですが、とても綺麗で感動しました!
しかし・・・私は酔い止めを飲んだのにもかかわらず、船酔いしてしまい途中からは花火どころではなくなってしまいました・・・(;´д`)トホホ
それでもスタッフみんなで見る花火はとても楽しく、夏のいい思い出になりました☆彡
みなさんの夏の思い出もぜひお聞かせください!
スタッフ一同、心よりお待ちしております。
hanabi 2.jpg

食中毒を予防しよう‼

こんにちは!歯科衛生士の松田です:)

最近は雨が多く、じめじめしていますね

早く梅雨が明けてほしいです☀

梅雨から夏にかけては食中毒が発生しやすい時期です

食中毒とは細菌が付着した食品を食べると下痢や嘔吐、腹痛、発熱などがおこります

私は先日食中毒にかかり、つらい思いをしました

なので、みなさんには歯科から考える食中毒予防をお伝えしたいと思います(*^-^*)

★しっかり咬んで(咀嚼)食中毒予防★

食物は口→食堂→胃

胃には胃液というものがあります。

消化の役目はもちろん、細菌やウイルスを殺菌する働きがあります!

咀嚼回数が多いと、胃液に触れる面積が多くなります。

そのため細菌が腸に運ばれにくくなります

たくさん咬んで胃液の殺菌効果を最大限に引き出しましょう(^^)

★流し込み食べを控え食中毒予防★

流し込み食べとは、食事中に水分を摂り水の力で嚥下をすることです。

水の力を借りると咀嚼回数が少なくても飲み込めるため、胃液も薄まり殺菌力が弱まります。

そして消化能力も弱まります。

咀嚼の力で飲み込んで、殺菌力と消化能力をあげましょう(^^)

☆七夕☆イベントご参加ありがとうございました\(^o^)/

皆さんこんにちは!

スマイルクリエーターの沼川です!皆さんお元気ですか(^^)?
先日、研クリでは★七夕イベント★として、子供たちに短冊を書いてもらい
手作りの笹飾りに飾りました☆彡
もちろん!私達スタッフも短冊書きましたよっ♪
今年も子供たちの無邪気で可愛い短冊が待合室のボードに飾られています*
皆さんは、今年の七夕 どんな事をお願いしましたか?
IMG_0030.JPG
もう少しで梅雨明け?夏本番まであと少し(>_<)
暑い日がまだまだ続きますが、お体に気をつけて素敵な夏を過ごしましょう!!

 

知覚過敏!

こんにちは!

歯科衛生士の神保です。

先日、衛生士の松田さんと一緒に知覚過敏処置のセミナーに参加してきました!

 

知覚過敏(歯がしみてしまうこと)で悩まれている方は多いのではないのでしょうか?

なぜ歯がしみてしまうのか?原因はたくさんあります!

 

◆虫歯になっている

◆虫歯を治療した時に神経の近くまで削っているため

◆はぎしり、食いしばり、強いブラッシング圧による摩耗

◆歯周病によって歯ぐきが下がり、根っこがみえているため

◆ホワイトニングによる刺激

などなど・・・

 

原因はさまざまですが、それぞれ虫歯や歯周病にならないように

歯医者さんで定期的に予防をしていくことが大切です(´▽`*)

 

ですが、もう既にしみてしまっている歯に対しての処置も行うことができます。

今回参加したセミナーでは、しみる場所に塗るしみ止めのお薬の勉強、体験をしてきました。

知覚過敏のある歯に対して、お薬をよく塗り込むことで

歯にできた亀裂に結晶が少しずつできてしみにくくしてくれます!

特に、歯ぎしりなどですり減ってしまった歯や、ホワイトニングをしてしみるようになってしまった歯に効果的です✩

一度塗れば効果がずっと続くというものではなく、日々の生活習慣でまたしみるようになってきてしまう場合は、それを繰り返し塗っていきます。

 

ご自宅でできるケアとしては、歯ぎしり、食いしばり防止にマウスピースをつけたり、

知覚過敏用の歯磨き粉で優しく歯磨きをするのがオススメです!

フッ素ジェルを使用して歯を強くしていくのも良いですね(^-^)

 

しかし、効果は歯の状態によって個人差があります。

場合によっては、お薬が効かず神経を取らなくては解決しない場合もあるのです(><)

お悩みの方は一度拝見させていただければと思います!

知覚過敏についてご相談がありましたらいつでもお待ちしております(^^)/♪

PageTop